ナンパ師クリリンの歪でピュアな恋愛と性癖

酔いどれナンパ師クリリンです。

 

今日はナンパで一人も捕まりませんでしたー

 

なので、私クリリンの

過去の恋愛と性癖について語っていきましょうか。

 

おもらし

 

ヒントは上の画像ですwwww

 

小学校の頃、3年4年で同じクラスだったコに恋に落ちた。

5年でクラスが別れて6年でも違うクラス。

周りの友人の話では両想いとのことだったが、シャイな俺はまともに会話ができないまま卒業が近づく。

ここで最後のチャンスが到来。

卒業式に男女が手を繋いで退場していくという謎の風習により、1組の出席番号最後の俺と2組出席番号最初のその子が手を繋げることになったのだ。

しかし現実は無慈悲なもの。

卒業式当日に欠席者が出て順番が変わったため、その子は俺の前で別の男と手を繋ぎ退場していった…

この頃の俺は「おっぱい」が大好きだった。

おっぱお

 

中学の頃、転向をきっかけに人見知りが爆発し、暗黒期に入ったのは既出の日記の通り。

⇒ ナンパ師クリリンの生い立ち【前編】

背が極度に小さかったためにかわいいキャラとして女子にまでイジられ、シャイな俺はただただモジモジしていた。

イケてるグループの女子に恋に落ちる。

そのコも絡んできたが、俺は興味がない振りをしてソッポを向き勉強一筋。

ホントはめちゃくちゃ会話したいのに。

いずれ愛想をつかされその子を含め誰からも相手にされなくなっていった。

この頃の俺は金を貯めてはエロ本とAVを買い漁り、異様に「レズ」ものにハマっていた。

レズ

 

高校の頃、男子校に入った俺は部活にも入らずオナニーばかりしていた。

学校以外の場所に出掛けることもほとんどないため出会いもあるはずがない。

恋愛なんぞ出来るはずもない。

この頃の俺は普通のAVでは興奮できなくなっており、「おしっこ」「ワキ」といったフェティシズムの領域に足を踏み入れる。

わき

 

浪人の頃、家と予備校の往復だけの死の時代。

親の目を恐れて遊びもバイトもせず、勉強かオナニーか食事・睡眠しかしてないんじゃないかというほどのもの。

勉強に必要だという名目で親にパソコンを譲り受け、AVを買う必要がなくなったことが唯一の喜びだった。

無修正に異常に興奮をしたのをよく覚えている。

この頃の俺は無修正の「中出し」動画に夢中で、男優に憑依したつもりでオナニーに耽っていた。

中出し

 

大学の頃、いわゆる「リア充」になろうと必死だった。

結局それは叶わなかったのだが…

人生初の告白はラブレター。

ヘタレの極みなのだが、バイトを辞める最終日に好きなコの上着にラブレターを忍ばせた

ラブレターに記した俺のアドレスにメールが来ることはなかった…

次に好きになったのはサークルの同級生。

根暗は相変わらずで、そのコとほとんど話したこともないのに好きな気持ちを抑えきれずに告白。

相手の家の前で待ち伏せしてした上での凶行だった。

完全に距離を測り間違えている。

その後もサークルの後輩にアタックするも玉砕。

周りのイケてない野郎共が学年が上がると一人、また一人と後輩の女を捕まえているのが悔しかった。

この頃の俺は「素人」「ナンパ」のAVにハマっていた。

本物かヤラセか一発で判断できるようになるほど見まくって抜きまくった。

これが現在のルーツである。

ナンパAV

(これはヤラセくせえwwww)

 

どうですか?

ヒドいもんでしょう。

 

こうなったのは全て自分の責任。

 

まずはそこを認める。

 

そうしたら次は、

変えられない過去を悔やむのではなく、

未来を変える努力をすればよい。

 

コンプレックスだらけでもいいんです。

 

コンプレックスを糧として行動の原動力に変えればいいのだから。

 

怒り、嫉妬、悔しさ、後悔、無念、嫌悪、恥、憎悪、絶望、劣等感、不満、空虚…

 

これら負の感情には凄まじいパワーが秘められている。

 

俺はそれらの感情全てをエネルギーに変え、

今日も街で女を口説く。

 

酔いどれナンパ師クリリン

 

 

絶賛公開中⇒ VENGEANCE【復讐】

venb

関連記事:

“ナンパ師クリリンの歪でピュアな恋愛と性癖” への1件のフィードバック

  1. 高橋 広樹 より:

    初めまして。
    このブログを半年前から読ませていただいている者です。
    歳は26でこのブログを見てナンパをしようと街に出るのですが、どうしても声をかけることができません。
    クリリンさんと同じく酒の力を借りないと街にも出ることができない状態です。
    私もクリリンさんと境遇が似ており、中学以降友達もできず青春時代にいい思い出が全くありません。
    しかしこのブログに出会ってから私は、同じ境遇の人がこんなにガッンバって尚且つ成果が出ているということで、大げさですが生きていて初めて希望というものを持つことができました。
    こんなことをお願いするのは恐縮で申し訳ないのですが、一度ナンパの声かけ動画などを挙げていただけませんでしょうか。
    だからと言ってナンパができるようになるとは思いませんが、私の命の恩人とも言えるクリリンさんの実際の行動というものを拝見させていただきたいのです。
    ご無理を承知でお願いしていますので、無理ならお忙しいかと思いますので、無反応で構いません。
    これからもナンパで私のような人間の生きる希望となってください。
    一読者としてこれからも応援しています。

    高橋 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ