ナンパした女子大生の人生2回目のSEX相手になってきた【動画あり】

 

 ~面白き事もなき世を面白く、住み成すものは心なりけり~ 

 

酔いどれナンパ師クリリンです。

 

上杉晋作の辞世の句とされているこの言葉こそ今回の記事、

そして、このブログのテーマです。

 

その前にまずは下の動画を見て、

女がどのようにブラジャーをつけているのかを見てみましょう。

 

画像をクリックで動画再生

 

なるほど。

 

先に背中側のホックを前で留めてから180°回転させ、

肩ヒモを肩に掛けるのですね。

 

そしてカップを上にあげた時に少し胸に引っ掛かって、

ぷるんと揺れるのがこれまたエロい。

 

細いのに胸はそこそこあり、

稀にしかいないマシュマロ乳の持ち主。

 

ババアになったら垂れそうだけど、

若いうちは最高です。

 

この素晴らしい身体を持っている上に、

しかもエロかったとしたら…

 

それはもうパーフェクト超人に認定できます。

 

それでは彼女のアエギ声から、

そのエロさを検証していきましょう。

 

 

 

某日、渋谷。

 

休日に久しぶりの渋谷へ。

 

早い時間帯からの出撃も新鮮だ。

 

駅についてすぐブーツの似合うミニスカ女子を発見。

 

ナンパして…

(途中割愛)

ホテルに入ることにw

 

この女子大生をサクラとしよう。

 

行為に及ぶ前に話を聞けば、

経験人数は1人だけ。

 

しかも、1人目の処女を捧げた元カレとは

1度しかセックスをしていないというではないか。

 

経験人数が0人の処女はめんどくさいし、

また、1人だったとしても特に何も感じないのに、

セックスしたのは過去に1回だけと言われると妙に興奮する。

 

自分の新たな性癖を認識させられる日となった。

 

ほぼ処女ならまだセックスが怖いか…

 

そう気遣って、あまりがっつかず、

ゆっくりと丁寧にクリトリスを撫でまわす。

 

そのあえぎ声がこの音声です(※エロ注意)

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤダの連呼wwww

 

しかしその言葉とは裏腹にめちゃくちゃ感じてないか?

 

サクラの本音を探らねば。

 

無駄な使命感に駆られた俺は言葉攻めを開始する。

 

何度もしつこく執拗に感想を求める。

 

まずはクリトリスを触られた正直な感想を聞いてみた。

 

そのあえぎ声がこちら※エロ注意

 

 

 

 

 

 

 

 

恥ずかしがって本音を言うことに難色を示しながらも、

3秒、13秒、33秒で3度も『気持ちイイ』という言質を取ることに成功。

 

しかし録音した自分の声というのは何故こうも気色が悪く感じるのか。

 

 

さて、話は変わるけれど、

女にはセックス時に演技する割合が意外と多いようです。

 

あえぎ声もその演技に含まれます。

 

  • 男のテクニックや一物に対するプライドを傷つけないため
  • 男は視覚的・聴覚的に興奮するのを知り、セックスを盛り上げるため、
  • 自分がマグロ女だと思われないため

 

よがる演技をする理由は様々あるだろうけど、

少なからず男に対する気遣いが存在することは間違いないでしょう。

 

感度の良し悪しの個人差は当然、存在するものであり、

感じる演技をすることを一概に否定するつもりはありません。

 

むしろ気遣いができるという意味で、

献身的な前戯やフェラチオに通ずる部分もあり、

良いことでもあると言えます。

 

 

しかし…

問題は演技を見抜いてしまった時。

 

挿入時に目を閉じてアンアン喘いでいたのに、

ピストンのちょっとした休憩のタイミングで、

女が急に声を出すのをピタッとやめ、そーっと目を開けてコッチの様子を伺う。

 

あ~…

演技してくれてんなー

 

ちんこが萎える瞬間です。

 

つまり何が言いたいのか?

 

それは、

女を本意気で感じさせ・よがらせて、その様子を見ることで更に嗜虐心が煽られて自身の興奮度が増す

この好循環が好きだという事です。

 

 

 

余談ですが、以前、冒険で1日に4人の女をはしごしたことがありましたが、

4人目ともなると全然気持ちよくもなく、仁王立ちフェラをかましながら、

( ホテル代もったいねー)

なんてことを考えていました。

 

しかし、女が頑張ってフェラをしているのを見るとつい

あー、そうそう、スゲえ気持ちわ

などと発言し、感じているフリをしてあげた優しい俺w

 

風俗嬢の気持ちが分かった瞬間でした。

 

男女の快楽に対する身体の構造上の違いがあるとはいえ、

1日に何人もと何度も繰り返しエロいことしてれば、そりゃ後半は感度もガバガバになるわ。

 

俺が風俗に興味を失ったきっかけでもあります。

 

数と頻度によってテクニックが身につくことはあれど、

エロに対して感覚がマヒして、エロいことがエロいと思えなくなる。

 

結果、演技に繋がるというわけです。

 

そして同様に、ノーマルなAVは可愛らしくアンアンあえぎます。

 

AVとは男を愉しませるためのものであり、

男が悦ぶように作られるから当然です。

(俺は東熱みたいなハードなのが好きだけど)

 

自然な演技はセックスのプロであるAV女優のなせる業。

 

 

一方で、経験人数が1人で、

その1人とも1回しかヤったことがない女のあえぎ声とは…

 

相手にどう思われるか気にする余裕もなく、ただただ快楽に身を委ねた状態で発せられ、

自身の内側から湧き出ててくる本気で自然な素の叫び声ではないだろうか?

 

前置きが長くなったけれど、

これが経験人数の少ない感度の良い女が本気で感じた時のあえぎ声です。

(※エロ注意)

 

 

 

 

 

 

それはまるで小動物が絶叫するかのような、

そして呻くかのような全力の咆哮だった。

 

本当かどうかは分からないけれど、

サクラはオナニーをしたことがないそうだ。

 

それが本当なら快楽に対する免疫・耐性がなく、

感じることに、そしてイクことに恐怖を抱くのではないか。

 

ヤダを連呼するのはそういった背景があるのではないか、

 

俺はそう思った。

 

 

 

くだらない事をこうやって

大真面目に論じ、分析する。

 

このブログはなんて素晴らしいのだろうw

 

しかしマジメなだけじゃつまらない。

 

エロ面白いのがこのブログ。

 

サクラは前戯で俺を大いに笑わせてくれた。

 

念のため確認だけど、

これまでの3つの音声、そして次の音声も

全てクリトリスを撫でまわしている時のものです。

 

haigo

 

こんな体勢で座った状態で背後から手を回してクリトリスをまさぐっていた。

 

そう。あくまでもクリトリスを攻めていたのです…

 

それなのに…(※エロ注意)

 

 

 

 

 

 

触られるのが「気持ちイイ」という発言を引き出せたら、

次は「どこ」を触られるのが気持ちイイのか聞きたくなるのは変態の性。

 

ほぼ処女に「クリトリス」というワードを言わせるために、

俺は何度も「どこが気持ち良いのか?」を問い詰めました。

 

ここどこ?

やだ、ねえ…やだ

ここどこ?

やだ、あぁ~↑↑↑あぁ~↓↓↓

ここどこ?

あぁ…やだ、

ここなんて言うの?

んっ、フッフッ、んっ……(自分で笑いながら)

おしり(笑)

おしりじゃないよ(笑)

おしり(かぶせ気味に)

ここなんていうの?

お・し・り!(怒) 

ク?ク?なに?

やぁだ、ねえ…あぁ…あぁ…やぁだ、ねえ、やあだ、

あぁ~↓↓あぁ~↓↓あぁ~↓↓あぁ~↓↓あぁ~↓↓

クリ?

やだ(笑)

ん?

やだ、言いたくない

言って!

笑 (しつこすぎて笑っている)

どこ、ここ?

やぁだ

どこ?教えて?

フッ、おぉ、しぃ、りっ!

おしりじゃないよここは(笑)

おしり!

やぁ…あぁ…あぁぁあああ~…あぁ↓↓↓

 

 

 

恐らく世界で一番くだらない

音声の書き起こしなのではなかろうか。

 

 

てか俺しつけえ!!

 

 

アスペルガー症候群という

他者とコミュニケーションを取るのが苦手な発達障害がある。

 

アスペルガーの特徴として、

こだわりが強く、どうでもいいことに固執することが多い

という点が挙げられ、

 

それを初めてネットで見て知った時、

 

俺やん!

 

となったのをふと思い出した。

 

アスペルガーはその過剰な集中力とこだわりから、

本人の技能が周囲よりも優れていて、かつそれを発揮する分野が有意義なものであれば、

爆発的な結果を生み出すこともあるそうだ。

 

歴史上の人物や著名人でもボチボチいますよねアスペ。

 

俺はエロにそれを発揮してしまったか。

 

 

 

 最後に

それでは最後に冒頭の短歌について話しましょう。

 

その意味は

つまらない世の中を面白くするかどうかは、自分の心持ち次第だ

というものです。

 

つまり物事に対し、自分が楽しもうという心意気こそが重要だという事です。

 

物事が面白いか面白くないか

ではなく、

自分が楽しむか楽しまないか。

 

もっと言えば

斜に構え、全てに対して穿った見方ばかりする冷めた奴であるか

何事も楽しもうとする人であるか。

 

俺はナンパを始めるまで圧倒的な前者でした。

 

クソつまらんやつ。

 

でもそんなヤツと関わりたくないですよね。

 

だからナンパの際だけでも、プライベートで人と会う時だけでも、

テンション高く、ノリ良くいるようにしたのです。

 

一般的に性差として女の方が感情的であることから、

女の方が「自発的に楽しむ」ということにおいて優れている、

というか、そういう性質を元から備え持っていると言えます。

 

男の方が冷静で客観的に物事を捉える。

 

あくまで一般論としてだけど。

 

だからナンパの際は女に寄せて、

明るく楽しくやることが大事です。

 

 

ナンパなんか基本的に無視ばかり。

 

声を掛けても9割が無視。

 

無視がデフォ。

 

もし会話ができてもナンパだと分かったとたん逃げられるかもしれないし、

もし会話ができても番号交換できないかもしれないし、

もし番号交換できてもアポイントとれないかもしれないし、

もしアポるか連れ出しかで飯に行ってもつまれなそうにされるかもしれないし、

もし飲みに行っても奢らされるだけでセックスできないかもしれないし、

デートを重ねたのに理由も言わず着信拒否にLINEブロックされるかもしれない。

 

それはまるで、SEXというゴールにたどり着くまで、

いつ切れるかも分からない蜘蛛の糸にしがみつき登り続けるようなもの。

 

それでも希望を持って登り続ける。

 

あなたはそんな状況を楽しむことが出来るだろうか。

 

楽しむ心とやり抜く覚悟。

 

それさえあればナンパは成功したも同然です。

 

 

そして今回の記事。

 

ナンパした女子大生とヤれたぜ~

細身なのにおっぱいはDかFもあってスタイルいいし、

感度も良いしで、超きもちんぽ!

 

で終わっても良かった。

 

でも、俺はおもしろおかしく書きたかった。

 

なぜなら読んでいる人に楽しんでもらいたいから。

 

このエロ面白いブログを。

 

エロが欲しければAVなりXVIDEOSを見ればいい、

笑いが欲しければバラエティやお笑い番組を見ればいい。

 

エロ面白いことこそがこのブログの存在意義なのだと勝手に思っています。

 

そう。

 

自発的に物事を楽しもうとすることと同様、

この「人を楽しませよう」というサービス精神もナンパに生かされる。

 

ナンパにおける困難を楽しみつつ、

更に女を楽しませようというサービス精神までも必要というね。

 

無視されて精神的ダメージを蓄積させていくのに、

声を掛け、会話をする女には楽しんでもらおうという心意気。

 

精神的な修行にはうってつけですわ。

 

 

 

最近よく、

クリリンさんのブログがきっかけでナンパを始めました!

という報告をもらうことがあって、

それはとても嬉しいことなんだけど、

 

過半数は挫折して成功しないまま諦めちゃうんですよね。

(講習を受けた人の成功割合はもっと高いけど)

 

それは成功事例ばかりブログでピックアップしていることで、

ナンパは楽勝だと勘違いさせてしまった俺にも責任の一端はあるのかもしれない。

 

ナンパで声掛けまくって成功せず何事もなく終了って記事つまらんだろw

って気持ちは変わらないのでスタンスは変えないですけども。

 

 

ということで今回の記事はかつての俺の様な、

そういうアスペ根暗クソ童貞に向けて書いたつもりです。

 

前半のエロスからの説教くさい文章。

 

落差がはんぱないぜ。

 

それではまた。

 

 

 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ