ネットナンパで知り合った18歳のフリーターと…

こんにちは!

 

酔いどれナンパ師クリリンです。

 

前回の記事で書いたネットナンパのことは覚えてますでしょうか!?

⇒ ネットナンパの記事を読む

 

結果としては、

スカイプでネットナンパした18歳のフリーターと新宿で会ってエッチしました!

 

ライブチャット_e

 

繰り返します!

18歳のフリーターです!

めっちゃメールのやり取りをして、

なんとかアポまでこぎ着けました。

 

名前はミナミ(仮名)としましょう。

 

ミナミとはスカイプでアドレスを交換してから、

何十往復とメールしました。

 

仕事中もスキを見てトイレに行って返信。

 

写真も交換し、

可愛くて猛烈にテンション上がりました。

 

そして、約束当日。

 

待ち合わせの新宿駅南口改札にやってきたのは、

肌の荒れた野暮ったい女でした。

 

ショックを隠せない俺…

 

ネットナンパはストナンと違って、

写メやプリクラで騙される危険だということを強く認識した瞬間だった。

 

いきなり解散というわけにも行かないので、

とりあえず行く約束をしていた映画館へ。

 

映画館への道中、

俺は落ち込んではいたものの、

可哀相だからという感情が勝り、

楽しくトークをしているフリをした。

 

観たのはミナミが推薦していたアニメ。

 

くそつまらん。

 

映画の後は居酒屋。

 

ここでミナミの生い立ちを聞くと結構な衝撃で、

人生最初の彼氏にかなりの暴力を受け、

その後、男性不信で誰とも付き合ってないことだったり、

母親が目の前で突然死していたりと、

ヘビーな話を聞かせてくれた。

 

重くなったので帰りたかったけれど、

なんと終電を逃したらしい…

 

12時前くらいだったのだが、

家が遠いらしくもう電車がないのだという。

 

ホテルへGO

 

そして、ホテルへ入るといきなり電話を始めるミナミ。

 

話の内容からして父親のようだ、、、

 

猛烈に黙る俺wwww

 

電話でのお泊り報告を終えようやく一息つく。

 

抱けるレベルの女なので、

この状況なら普通であれば襲いかかるのだが、

先ほどの重い話を聞いた後なので手を出す気は完全に失せていた。

 

しかし、布団に入ると事件が発生。

 

ミナミが急に泣き出したのだ。

 

過去を思い出して。

 

クスン…クスン…

というような泣き方なら俺は優しく慰めていただろう。

 

しかし、ミナミは半狂乱で、

ミナミ「おかぁさああぁあああぁああん!うわあぁあぁあぁぁああああ!!」

とわめき散らしていた。

 

本当によくホテルからのクレームや注意がなかったと思う。

 

最初の10~20分は背中をさすったりしてなだめていたが、

完全に諦めた俺は彼女に背を向け布団をかぶっていた。

 

一時間ほどたっただろうか。

 

徐々に声が小さくなっていき、

泣き声が消える。

 

すると、しばらくしてミナミが抱き付いてきて

 

ミナミ「今日は迷惑かけてごめんね…」

 

と謝ってきた。

 

そして、俺の手を自分の乳にあてた。

 

しかし、俺は胸から手を放し、

寝ようとすると、、、

 

ミナミ「触っていいよ?」

 

と、再び俺の手を胸に押し付けてきた。

 

完全にスイッチオン。

 

ことに及ぶ。

 

服を脱がすと、

俺は息をのんだ。

 

完璧なプロポーション。

豊満な乳房。

ピンク色の乳首。

真っピンクのアソコ。

 

スタイルは最強に完璧だったのだ。

 

フルボッ〇で襲い掛かる俺。

 

しかし数分後、

一転してしぼむ俺のムスコ。

 

彼女は完全なマグロだった。

 

乳首をなめても、

耳を舐めても、

アソコを触っても、

うんともすんとも言わない。

 

なんとか最後まではイケたが、

びみょ~なセックスでした。

 

そのまま寝て、

次の日早めに起きて解散。

 

そんな感じです。

 

一応その後メールをしたら返信がなく、

彼女も気まずかったのかなと感じました。

 

やっぱりネットナンパは性に合わないので、

ストリートでナンパという名の狩りに出ようと心に誓った俺であった。

 

酔いどれナンパ師クリリン

 

 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ