タイ・パタヤへ3泊4日の買春ツアーに行ってきた【part2 of3】

 

どうも酔いどれナンパ師クリリンです。

 

前回に引き続きタイ・パタヤのレポートを。

adfager

パタヤで5000円ほどで買った女。うーん…実物はもっと可愛かった気がするのだが…

磯山さやかに似てる。

 

ちなみにpart1を読まないとこの記事を見ても意味が分からないと思います。なんといっても専門用語が多いからね。

なのでpart1をまだ読んでいない方はこちらをどうぞ

タイ・パタヤで3泊4日の買春ツアー【part1 of3】

 

part1ではパタヤの解説のみでしたが、part2では私クリリンが実体験したことをありのままに語って参ります。

 

タイ到着まで

成田空港からドンムアン空港まで

タイへの飛行機は成田から9:00発。

俺は5:30に家を出た。

フライト時間は6時間から6時間半。(ちなみに日本とタイの時差は2時間)

機内ではヒマを持て余すため、飛行機では寝てすごそうとオールした状態で成田空港へ向かう。

余談だが首都バンコクには主要な空港が2つあり、より都心へ近いのはスワンナプーム空港。今回はチケット代の安さを優先しドンムアン空港行きを選んだ。

 

成田空港につくとGWだけあって人が溢れかえっていた。

飛行機は行きも帰りもLCCを利用したのだが、チェックインカウンターの行列がえげつない。

(LCCってのは安い航空会社の総称)

ちなみに行きはタイ・エアアジアで帰りはスクート。

感想としてはタイ・エアアジアは機内がクソ狭い。代わりにCAの制服がエロい。

エアアジア1

タイトな上着にミニスカート。スケベ制服を集客に利用するとは狡猾な…

俺はずっと視姦してました。

一方のスクートは機内は狭くもないし、CAの制服も普通。

 

空港での流れは

成田空港でチェックイン→保安検査→出国審査→飛行機で出発!(機内で出入国カード受け取り)

→タイのドンムアン空港着→入国審査(出入国カード提出)→タイ満喫!

という感じ。

 

機内でもブログのネタとなる出来事があった。

GWという時期のせいであろうが、成田空港に2時間前に着いたにも関わらず、人で混みあっており、チェックイン・保安検査・出国審査と並びまくり。

そのため出発までの2時間のうち1時間以上は立って並ぶこととなり、イライラが募る。

ようやく機内に入っても、前述のようにエアアジアの機内は狭く、荷物を棚に入れるまで人でごちゃごちゃしてまたイライラ。

そしてようやく着席して約3分後、俺がおにぎりを頬張っていたその時、隣の席の女が唐突に話掛けてきた。

国際線なので機内の大半は外人であったが、その女は流ちょうな日本語を話したので、きっと日本人だろう。

女「あの~もしかしてお一人ですか?」

俺「はい、そうですけど」

俺は淡々と返事をしたが、内心では…

(きたあああああああ!もしや逆ナン?飛行機で逆ナンですか!?たまらんですな~♪♪)

 

女「友達と席が離れてしまったので、席を交換してもらえませんか?」

俺「!? はあ…わかりました…」

期待を大きく裏切られ、故意ではなくごくごくナチュラルに、あからさまに怪訝な表情を浮かべる俺。

女「席は〇〇です、おくつろぎのとことすみません…」

 

くそデカいタメ息を吐き、なんとか舌打ちを抑えつつ席を立つ。

まだ棚に荷物を入れる乗客が通路に大勢おり、ただでさえ狭い通路はとても歩きにくく再度イライラ。

仮に俺が3人席の真ん中に座っており、その両隣が友人同士で、席の交換を頼まれたのなら喜んで応じよう。

しかし、20代後半(であろう)のババアが「お友達と隣同士がいい」というくだらない理由で、見ず知らずの他人に席の交換をねだって、わざわざ遠くの座席に移動させるのはいかがなものか。

いや、断ってもよかったよ?

というか断りたかったけど、断ってそのババアと隣同士で6時間も互いに気まずい時間を過ごすのが嫌だったので渋々移動した。

 

そんなこんなあり、機内で出入国カード(EDカード)を受け取り爆睡。

ドンムアン空港でフリーwifiを繋ぎ、チンコッパさんに到着の連絡をする。

 

Wi-Fiについて

前回のハワイ同様、今回のタイ旅行でもケチ根性でレンタルWiFiを借りなかった。

これが不便で大失敗でした。

ホテルでWi-Fiを繋がなければ携帯が使えないからね。

なので外でチンコッパさんとはぐれたら連絡つかないという。

タイで3泊であれば5000円程度でレンタルWiFiを借りれるのに、チンコッパさんに合流さえすればなんとかなるとケチってしまった。

ネットで調べるとレンタルWiFiを出発前に空港で受け取り、帰国後に空港で返却というシステムまで確立されている模様。

次回の海外遠征では必ずレンタルしようと決意した次第である。

ちなみにチンコッパさんは一番安く済むからと、タイ現地で短期のスマホ契約をしていた。

さすがプロ。ぬかりはない。

 

予算と飛行機代について

part1でも述べたように今回の旅の予算が12万円。

うち飛行機代が7万円と半分以上を占めている。

ホテル代は1泊2000円×3泊で6000円となり、残り約45000円をバンコクで全てバーツに両替し、それを食費と女代、お土産代、バスやタクシーなどの交通費に充てた。

つまり何が言いたいのかといえば、女代を除けば飛行機代が突出して高いということだ。

どうせタイに行くのなら、長期間いればいるほどお得だと言える。

俺は今回飛行機を予約するのがギリギリだったため往復で7万も掛かったが、エクスペディアというサイトを使って早めに予約すれば、同じタイ3泊という条件で、宿泊ホテル付で往復5万なんて案件もあるらしい。

もちろん時期や運にもよるだろうが。

それでも飛行機代が旅費全体において大きな割合を占めることには変わらないけどね。

そして、ホテル付の航空券を予約する際の注意点として、

part1で解説したように➀女を連れ込めるホテルかどうか、②連れ込めるとしてジョイナーフィーは無料かどうか、③連れ込めるとして女のIDカードの提出は求められるか、

この三点に気をつけるべし。

 

タイ一日目~タイ夜遊びデビュー~

ドンムアン空港にフリーWi-Fiがあることはリサーチ済み。

ネットを繋ぎ、ドンムアン空港まで迎えにきてくれたチンコッパさんと合流する。

空港を出るととにかく暑い。この時期は連日30℃くらいだそうな…

時刻はこの時点で14:00。

バスで30分ほど移動しバンコク都心へ。

円をバーツに両替の後にメシ屋に入りガパオをむさぼる。

1人前の量が日本よりも少ないが、安くてとにかく美味い。

maxresdefault

30~50バーツでガパオを食えます。

一人前じゃ物足りないけど、2つ頼むと多すぎるんだよな~。

 

メシを食ったらBTSという高架鉄道に乗って長距離バス乗り場まで移動。

BTSというのは地上10メートルほどの高さの路線を主要道路に沿って走っている電車のことで、バンコクにおける主な移動手段の一つである。

bts

 

BTSでエカマイ駅まで移動し、エカマイから長距離バスでパタヤへ。

移動距離およそ150キロ、バスで2時間半ほどの距離を移動するのに120バーツ。約400円。やっす。

飯と交通費はとにかく安い。

 

で、ようやく目的のパタヤに到着。

バスを降りて今度はバイクタクシーでホテルに向かう。

バイタクの兄ちゃんがアホみたいにスピードを出すからめちゃくちゃ怖い。

ホテルにチェックインして一息つき、いざウォーキングストリートへ!

この時、既に21時くらいになっていた。

ちょうど夜の街・ウォーキングストリートが盛り上がり始める時間帯だ。

 

結論として、初日はゴーゴーバーを3軒ハシゴして、その後に健全なマッサージを受けて終了。

初日ということで様子見で終わった。

3軒ハシゴした中にBACCARA(バカラ)というゴーゴーバーがある。

BACCARA

BACCARAはウォーキングストリートでもNo.1の呼び声の高い店で、チンコッパさん曰く日本人客も多数いるとのこと。

店内に入ると顔つき的に日本人ぽいのが確かにちらほらいるんだけど、これまた傍観者の多いこと多いこと。

part1で解説している通り、ゴーゴーバーにはストリップ兼キャバクラ兼セクキャバ兼デリヘル嬢(本番アリ)の指名場、という多様な遊び方がある。

シャイなジャパニーズ男子はストリップ見学に終始してしまうのか、指名したりお触りまでいかないパターンが多いなと、見渡す限りではそう感じた。

 

踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々

 

俺が周りの日本男児と同じように、初めてのゴーゴーバーに圧倒され傍観しているその隣にて、

 

チンコッパさんは女を隣りにはべらせ、そのコに指入れをしていました。

 

ちなみに店内での指入れはまあアウトとのことです。

 

クリリンが手をこまねいている間に、持って帰ってもいいかなという女は何人かいたけれど、先に自分が女を持ち帰ってクリリンを一人にするのは可哀想だから、と

初日はクリリンが女を持ち帰るまで自分は持ち帰らない、と決めていたというチンコッパさん。

コップンカー。

こうして日和と優柔不断を存分に発揮した初日。

今日は持ち帰らんでもいいかということで、2人でエロじゃない健全マッサージ屋へ行ってからホテルに帰還した。

そしてマッサージは無駄に3時間くらい受けるw

施術してくれたのはオバちゃんだったけれど、下半身付近を触られるとちんこがフル勃起。

寝たフリ作戦で必死に誤魔化す俺。

タイへ向けてのオナ禁がここに来て裏目に出てしまう。

ホテルに戻り、2日目に女を爆買いすることを決意して就寝した。

 

タイ二日目~パタヤの洗礼|ロング詐欺に引っかかる~

昼に起床。

散歩がてらのんびりと歩いてソイ6へ向かう。

道中で3店舗ほど、社会科見学としてマッサージパーラーを見てまわる。

開店したばかりだからか、3つのうち2つの店舗では嬢がまばらだった。

置屋・マッサージパーラーと共に12時くらいに行ってもちょっと早いらしい。

13時を過ぎるとある程度は出勤を終え、女が揃い始めるようだ。

最後に訪れたマッサージパーラーでは10人以上の女がひな壇に座っておりジロジロ見るだけ見て退店。

 

いよいよソイ6に到着。

通り沿いに何十店舗もある置屋を物色してまわる。

パタヤのソイ6の置屋は飲みスペースで酒を飲みつつ、気に入った女がいれば建物の上の階でSEXするシステムだ。

unnamed

通り沿いの店の過半数はオープンテラスで、軒先では出勤したての女がメイクをしていたり、昼食をとったりしている様子が見て取れた。

ソイ6の1往復目。

ピンとくる女がいなかったのでテキトーな置屋に入り酒を注文。

腹も減ったので店の前の屋台のガパオをその置屋に持ち込み食らう。日本ではNGのこの行為もパタヤでは当たり前にOKだった。

ガパオを頬張っていると隣の店の女の質が良く、チンコッパさんと相談し、次に行こうと決める。

 

しかし、チンコッパさんからストップの声が掛かる。

ソイ6の大半の店では気に入った女店員がいれば金で買ってSEXが出来るが、ごくまれにガールズバー的なサービスのみでSEX出来ない店があるっぽいとのこと。

隣りにあるその店は外観的にその可能性が高いらしい。

 

そのためソイ6の二往復目に突入。

女も揃い始め、ひっきりなしに勧誘される。

 

タイでもつくづく感じたのは女の愛嬌の大切さだった。

仏頂面の美人よりも、ニコニコ笑顔で話しかけてくるちょいブサの方が100倍良い。

愛嬌のあるチョイブサを選び店内へ。

10分程度飲んで上の階でSEX。

adaga

17-05-14-01-20-07-393_deco

蟻の門渡りをめっちゃ舐めてきました。プロですわ。

 

ちなみにこの女にはフォトOK、ムービーNGと言われた。

なんやそれ!

撮影できるかどうかは金と交渉力と運次第ですね。

 

なんか無駄に長くなってきて疲れたので、はしょります。

2日目の置屋の後は、一旦ホテルに戻ってから夜にウォーキングストリートの適当なゴーゴーバーで豪遊し、帰り際にビーチロードでたちんぼの女を買ったら詐欺られてフィニッシュ。

最後にその話をして終わります。

 

ソイ6からホテルに戻り、ウォーキングストリートで豪遊するまではチンコッパさんと一緒に行動した。

map

ホテルからウォーキングストリートに向かうまではビーチロードを歩き、もし極上のたちんぼがいれば互いに気を使わずに、おのおのが勝手に女を買ってホテルに戻ろうと打ち合わせていた。(我々のホテルはビーチロード沿い)

結局、ウォーキングストリートにつくまでにめぼしい女はおらず、我々2人とも行きの道中ビーチロードにてたちんぼ女を買わず。

そのため、2人でそのままウォーキングストリートのゴーゴーバーへ繰り出した。

 

その際、行きの道中で何人かの女にふざけて声を掛けたのだが、その中に母親と娘2人の3人組がいた。

母親50くらい、娘Aが25歳、娘Cが8歳。(娘の年齢は実際に聞いた)

今回、俺が騙されたのはこの集団。

もちろん体を売っていたのは娘Aのみ。(ビーチロードには50過ぎで体を売っているたちんぼも中にはいるが)

ビーチロードのたちんぼには単独行動の女も多いが、友達と集団で来ていたり、あるいはこのように家族で来て娘を売るというパターンもあり、それは決して珍しい光景ではない。

この時は我々は「親が子供を売るとかえげつないですね~」と話し、どちらもその娘Aを買わなかった。

 

ゴーゴーバーで酒を飲みストリップを鑑賞した我々はほろ酔いでいい気分になり、そろそろ女を買おうかと店を出た。

そしてウォーキングストリートを抜け、ビーチロードへ。

たちんぼ物色は各自で行おうということになり、ようやくタイで初の単独行動と相成った。

 

なぜ俺はゴーゴーバーでなくたちんぼで女を買うのか?

疑問に思う方もいるだろう。

その理由は3つある。

➀part1にいろいろな店での買春相場を書いてあるので参照してもらいたいが、ゴーゴーバーに比べてたちんぼの方が圧倒的に安く、費用を抑えられるため。(とは言っても、ゴーゴーバーの極上女を日本のヘルス価格で買えるわけなので、ゴーゴーバーも決して高いわけではない)

②ゴーゴーバーでは金が掛かる分、女の質も高く、また安全も保障される。しかし、ウォーキングストリートがメジャーな歓楽街だということもあり、外人男が集まってデレデレ・ちやほやする結果、調子に乗ってスレた女が多くなる。そのためプレイが淡白なことが多いらしく、ゴーゴーバー嬢のSEXサービスは期待できないこれが2つ目の理由。

③たちんぼにはバケモノがたくさんいるが、その中から美女を探すのが宝探しのようであって、それがナンパに通じるものがあり楽しいから。その手間や苦労があるからこそ、達成感というスパイスによってSEXの満足度が高まる。

 

話を戻し、ホテルへの帰り道。

たちんぼを物色しながら1人でビーチロードを歩いていると、先ほどの「あの集団」に再会。

part1に述べた通り、たちんぼにはなんとなくの縄張りがあり、同じ道を通って帰れば、再会するのは当然と言えば当然だ。

娘の体を売るという、初めて目の当たりにするショッキングな集団を俺は忘れるべくもなかった。

 

しかし、行きとは状況が少し変わっていた。

それは新キャラ娘Bがいたことだ。

彼女は20歳。

俺のドストライクだった。

先ほどまでいなかったのは男に買われていたからだろうか?

ともかく俺は娘Bを買うことにした。

 

先にネタバレというか、騙された俺の結論としては、彼女らは家族ではないのだと思う。

母親(役?)と娘が似てないし、娘同士も似ていなかったから。

母親(役)と娘ABとは雇用主と従業員の関係だろう。

風俗店を営業する場合、法に則って国に届け出を行い、税金を支払うのはタイにおいても同じことだ。

それが手間だから一家族を装って、体を売って金を稼ぎたい若い女を引き連れ、ビーチロードにフリーのたちんぼとしてやってきたのではなかろうか。(あるいは本当の知り合いとか、親戚関係とか)

わざわざ娘Cを引き連れてきたのは、AとCが親子関係なのではないかと予想。

 

交渉は全て母親(役)が受け持った。

ショート(1発SEXして即帰る)1000バーツ、ロング(翌朝まで女が宿泊して2回戦もOK)2500バーツ。

俺は娘Bがドストライクだったから、ロングを希望し、交渉で2000バーツにまけさせる。

すると母親(役)がショート2000バーツで娘AとBセットでの3Pを提案してきたが、俺はBにしか興味がなかったため断る。

そして母親に2000バーツを支払った。

これが全ての敗因だった。

 

金を払い娘Bとホテルへ向かっていると、娘Bは豹変した。

いきなり電話を掛け始め、俺がつたない英語でコミュニケーションを図ろうとしても相手にしない。

最初に娘Bを見かけてから声を掛け、母親(役)と交渉している間、娘Bは絶えずニコニコとして俺に愛嬌を振り撒いていたのに、金を払った途端にこの有様だ。

 

ホテルに着いてフロントでルームキーを受け取っていると、娘Bは別のホテルスタッフに何かを渡していた。

この時、娘Bが勝手な行動をとっていることにギョッとすると共に、何を渡したのか不思議だった。

結果としてそれはIDカードだったわけだが。

この時点での俺はそれを知る由もなく、ホテルスタッフに連れ込みを見られたとして、派手なこと・怪しまれることはしまいと頭に刻みつけた。

 

部屋に入ってBは「ブンブン」を連呼。

あ、「ブンブン」ってのはタイ語でSEXのことね(笑)

つまり早くヤろう、と。

ショートならそう言われても仕方がないが、俺は朝までのロングの金を支払った。

なぜ急かされなければならないのか?

 

急かされていざ行為に及んだら、今度は超絶テキトーで雑なプレイをされる。

そして更に驚かされたのは、

母乳が出るというwwwwwww

ふざけるなよ。

ピンサロで嬢の指名料を払って指名をしたら生理だったときよりも気分悪いわ!

マニアなら逆に垂涎ものだと興奮するのかもしれないが俺にそんな趣味はない!

聞けば赤ちゃんがいるのだそう。

 

で、1発終わったら娘Bはいきなり帰る支度を始める。

俺は引き留めようとするが聞く耳を持たず、逆ギレする始末。

娘Bはそそくさと部屋を出て行った。

時間にしてわずか20分足らず。

 

本当はBをぶん殴りたかった。

しかしタイで逮捕されて人生狂わされるのも嫌だから、力づくで抑えることもできない。

俺は見届けることしかできなかった。

先ほどのフロントでのBの行動に疑念を抱いたことも相まって、俺は強気に出られなかった。

 

しかし、ひとつだけ心が救われることがあった。

 

娘Bが出て行った数分後に、いきなりドアがノックされる。

慌てて服を着てドアを開けると、ホテルのスタッフの姿が。

ホテルのフロントには娘BのIDカードが預けてある状態であり、娘Bが焦った様子でIDカードの返却を促し、いち早くホテルを去ろうとすることに不信感を抱いたスタッフが、娘Bをその場に待機させ、事情を確認しに俺の部屋に訪ねてきたのだった。

(本来は、部屋に女を連れ込み、女がIDカードをフロントに預け、事が終わってから女が単独で帰ろうとする場合、ホテルスタッフが女を連れ込んだ部屋に電話を掛け、女を帰していいかどうかの確認をとるのが通例である模様)

ホテル側は現地の売春婦ではなく利用者の外人の味方だった。

それだけで俺は嬉しかった。

 

つたない英語で事の経緯を必死で説明する俺。

ロングの金を払ったのにショートで帰りやがった!騙されたんだ!、と。

(そんなことを声を大にして力説することが内心少し恥ずかしかったが必死だったwwwwww)

スタッフもなんとか理解はしたようだ。

そして俺に問いかけた。

 

で、どうする?、と

 

俺は悩んだ。

結果的に1000バーツ騙し取られたことになるわけだ。(ロング代2000バーツ-ショート代1000バーツ)。

雑とはいえ一応、一回SEXしたからね。

ただ、たかが3000円ちょっとのために事を荒立て、楽しいタイ旅行に水をさすのはどうなのか…

こいつらが巧妙なのは母親(役)が交渉役となって金の管理をしている点だ。

つまり金を取り返すなら、母親を呼び寄せるか彼女のところまで出向く必要性が出てくる。

娘Bは荷物を身内に預け、手ぶらでホテルまで来ていた。

(とは言っても母親役のいる場所まで徒歩5分ほどだが)

 

俺は諦めることにした。

額が3万円だったなら警察沙汰にしてでも、母親を呼び寄せてでも、ごねて取り戻そうとしただろうが…

たかが3000円。ちょっとした勉強代だ。

こうして俺はスタッフに「娘Bを帰していいよ」と伝えた。

 

ロング料金を取っておきながらショートの時間で帰るのは娘Bの独断か、あるいは彼女ら集団内での常套手段か。

今となっては分からない。

金を受け取りホテルに入ってから何もさせずに帰るのはあからさまな詐欺であり、揉める可能性が高いが、とりあえず1発はSEXすることによって、<もめ事を避けたい外人男は泣き寝入りするだろう>という希望的観測に基づく巧妙なやり口にも腹が立つ。

 

しばらくしてたちんぼショートを終えたチンコッパさんからLINEが来た。

俺はチンコッパさんの部屋へ行き、事の全てをグチった。グチりまくって溜飲を下げることしかできなかった。

 

チンコッパさん「それは災難でしたね~(笑) かわいそうなんでガパオでもおごりましょうか?」

 

俺はこの人にならちょっと抱かれてもいいかもと思ってしまった。

 

深夜に屋台で50バーツのガパオを奢ってもらい、ホテルに戻り食す。

ああ、ガパオ旨し。

 

こうして2日目が終わり、タイ買春ツアーの折り返しを迎えた。

 

結論:たちんぼへの金の支払いは後払いで交渉せよ。もしそれが受け入れられなければ、その女を切り捨て次の女を探せ!

 

パタヤにて教訓を得た俺は明日こそ最高のたちんぼをゲットしようと決意する。

 

そして、3日目もたちんぼに騙されるのであった…

つづく。

 

 

追伸.

既に多くの方に手に入れてもらっている、これの特典1.についてですが、ようやく20人目まで画像をアップしました。

重要なお知らせ

画像があったのが大体7割くらでしたね。

顔出しあり、動画ありなのでかなりエロいし楽しめるかとw

18

残りの21~30人目までの動画像と特典2.についても5月中にはアップします。

(特典2については5月中にとりあえず1記事)

 

悲しいのは特典3.について過半数の方が活用しないことでしょうか。

やはり大半がエロ目的での購入なのだということが分かりましたwww

エロ動画像を見て楽しむのも良いですが、生身の女の方がもっと良いですよ。

つまり特典3.を活用して女を狩れる自分になろうという、つまりそういうことです。

 

 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ