ナンパした処女の家に行って何回もSEXした翌日、送られてきたLINEがこちら

 

どうも酔いどれナンパ師クリリンです。

 

今回はナンパした処女の一人暮らしの家に上がり込んで、

何回も体を求めてセックスをした結果、送られてきたLINEを紹介します。

 

1回目の事後の、その直後の動画がこれ。

 

つまり処女喪失直後の映像。

この時点ではまだ俺の印象良かったぽいんだけどな…

しつこかったかな…

 

ところで、以下の目次の1の内容を書いていたら、

とんでもない、うんちくクソ野郎の方向に転換してしまいました。

 

単純なエロのみを見たい方は2からご覧ください。

 

クビレ(性差)にみるモテの秘訣

俺はクビレがたまらなく好きだ。

そして今回の処女はクビレが半端なかった。

 

見事な洋ナシ体型でそそられるものがあった。

kotu

 

試しにこのウエスト(緑)とヒップ(赤)の横幅の比率を計ってみると、

比率にして、なんと緑は赤の7割弱。

 

周囲のサイズであれば、尻のふくらみを加味すると、

6割程度にはなるのではなかろうか。

 

俺は自分の身体を見ても、

周囲ではなく、横幅の比率であればほぼ1対1なのに。

 

そして、ふと疑問に思う。

 

なぜ女にはクビレがあるのか?

そしてなぜ男はクビレ惹かれるのか?

 

今回はその謎に迫っていくことにしよう。

 

女にクビレができるわけ

調べていくとクビレの有無は骨盤に起因することが分かった。

koot

は男に比べ、

骨盤の幅は広く高さは低い。

 

女の方が幅が広いということはなんとなく知っており、

それによってクビレが出来るのは確かなのだが、

 

高さが低いこともクビレの形成に一役買っているようだ。

 

人間の大腿骨は「くの字」に曲がっており、

骨盤に斜めにドッキングされている部分が股関節と呼ばれている。

kotsu

 

上の図からも、人間の下半身において、横幅が最も広いのは

骨盤の上部から大転子にかけてだということが分かる。

 

大転子の高さは、ほぼ骨盤下部の高さに等しいので、

下半身においては骨盤のある位置がもっとも横に太い。

 

以上を踏まえて以下の図を見て欲しい

kotu5

 

まず骨盤の横幅は女の方が広いので、

土台としてクビレができやいということがひとつ。

 

そのことに加えて、

男は一番横に太い骨盤が女に比べて縦に長いため、

下半身は縦に真っ直ぐに伸び、メリハリが利きにくい構造になっている。

 

逆に女は横に太い部分(骨盤)が縦に短いので、

骨盤以外の部分(腹や太もも)にかけて急激な落差が生じ、

それがクビレの形成の要因となっている、

ということが分かった。

 

よって下図のように、

大きな骨盤は、その部位に丸みを帯びた出っ張りを生じさせ、

結果、腹部のクビレが生じるのです。

kotu2_censored

 

なぜ男はクビレに惹かれるのか?

生物の目的は生きること。

しかし細胞分裂は有限であり、個体の寿命には限界がある。

そのため子孫を残し、己(NARUTO風)の複製を後世に残すことが生物の使命だと言い換えられよう。

そして地球上の生物群における「動物」は雌雄異体という形態によって繁殖するに至った。

この雌雄異体という形質において、異性の個体との生殖活動なくして自己のコピーを残すことは叶わない。

それを少しでも効率化させるための見えざる因果か、動物の進化の先端であろう哺乳類は生殖行為に快楽を伴う機構を備えつけて生み出された。

一方で、厳しい環境変化を乗り越え、長きに渡って自らの子孫が繁栄を掴み取るためには、現代の自分という個体が、より優れた遺伝子との配合によって進化を追い求める必要がある。

わずかでも、たとえ一歩でも、掛け合わせの妙による恩恵を浴するために。

我々は健全で強靭な異性を追い求め続けねばならない。

雌の骨盤が幅広なのは子を安全に出産させるためであり、雄がより骨盤の大きい雌と交わることは、子孫の生存率の向上を意味する。

そしてクビレの存在が意味するところは、現在、身籠っていないことに他ならない。

だから男はクビレを求めるのか。

男を誘引する女の巨大な臀部、これは骨盤の大きさに比例するものであり、理に叶っていると言えよう。

ともすれば無意味とも思われる豊満な乳房。

 これはどうだろう?

機能性としてのメリットはなくとも、そのパーツの存在自体が男を誘引するため、その形質が受け継がれる次代の女は生殖が行われる確度が高くなると言いうことだろうか。

なるほど生命とは奥が深い。

 

 

自分でも何言ってるのかよく分からん。

 

上記にある「男がクビレに惹かれる理由」を要約すると、

そもそもクビレができる原因として、女の方が骨盤が大きいからで、

その骨盤が大きく発達した理由は赤ちゃんを産む為。

 

つまり、女の骨盤が大きければ大きいほど安全確実に子孫を増やせるため、

(母は安全に子供を生めて、子も骨盤が大きいという特徴を受け継ぐ可能性が高い)

自らの子孫を残すということが生物の目的であることを踏まえると、

 

男は「子孫を確実に残したい」という極めて原始的な欲求に基づいて、

クビレのある女に欲情するようにできている、ということになる。

 

また、クビレがあるということは、

その時点では妊娠していない可能性が高く、

 

それはつまり即時に生殖可能であることを意味するから、

男はクビレに惹かれるという説もある。

 

つまり、

  • クビレあり→丈夫な子を安全に産めるやん!→欲情
  • クビレあり→現在妊娠してない可能性高い→今すぐ孕ませられる状態やん!→欲情

ということらしい。

 

恐ろしや。

 

モテの秘訣は性差にあり!?

以上の事をまとめると、

男女の身体で性差が生じるパーツにおいて、

その部位の特徴が顕著であればあるほど、

それを異性の長所であるとヒトは捉え、

そういう個体を欲するようになる、

という仮説が立てられる。

 

◆デカい胸

◆デカい尻

◆くびれたウエスト

 

うん確かに大好きだわw

 

と、いうことはだ。

 

男の身体の特徴の中で、

女には存在しない、あるいは発現が弱い要素

 

高めることによって女を惹きつけられる、

つまりモテるということになるだろう。

 

・女に比べデカい身体(身長)

・女に比べ高い筋肉量(筋肉)

・女に比べ低い体脂肪率(瘦せ)

・毛深さ(ヒゲ)

 

あたりがそうだろうな。

 

結論:

つまりLDH系になれと!

3台目Jそーるブラジャーを目指せと!

 

そういうことだと思います。

 

 処女をナンパして家でヤリまくった翌日、送られてきたLINE

お待たせしました。

 

処女の女子大生ミユをナンパした話。

 

久しぶりに吉祥寺まで行ってナンパ。

 

その日はショッピングに来ていたらしく、

勝手にショッピングに同行してLINEを交換して解散。

 

後日、アポって鳥貴族に。

 

最近は年齢確認が厳しく、

19歳のミユは飲ませず、といういことで店に入れた。

(普段は友達と飲んでるらしいけども)

 

ここで処女であること、

そして一人暮らしであることが判明。

 

ゴクり…と唾をのみ、

じゅるり…と舌なめずりをしたい気分になる。

 

で、ミユの家へ。

 

おかげでラブホ代が浮きました。

ありがとうございました。

 

家に入って程なくしてセックス開始。

 

脱がせるとVIOをバッチリ処理していて、

(なんだ口では建前上の軽い拒否をしつつもバッチリ準備してるじゃないか)

と世界のヘイポーばりにキモく一人ほくそ笑む。

 

しかも剃りミスで少し傷があり、その辺からも処理に慣れてない様子が伺えて、

処女であるという信憑性が増した瞬間だった。

jyo_censored

 

それにしても下半身むっちむちやな。

賛否あるでしょうが俺は細いカリカリの足よりもこういうのが大好物です。

 

そして、いざ挿入。

 

痛みは少しあるようだが、

叫んだり暴れたりはなかった。

 

骨盤がデカいからか?

いや、骨盤の大きさと膣の狭さは無関係か

 

などと考えながら腰を振る。

 

行為が終わり、そのまま一泊。

 

ミユの洋ナシ体型がドストライクで、

ついさっきまで処女だったにも関わらず、一晩で何度も体を求めてしまう。

 

痛そうな素振りは少ししか見せなかったものの、

動画で発言している通り、痛いことは痛いようで、

 

3回目ともなると、

ミユが少しイヤそうにしている気配を察知しつつも、

欲望を抑えられずに全身を舐めまわした。

 

翌朝、起きてからもう一度SEX。

 

そして昼前にミユの家を出る。

 

その日はこっちからLINEを送るも返信なし。

 

そして次の日の昼に送られてきたLINEがコレ。

17-07-11-07-45-33-365_deco-2

 

でしょうねwww

 

1回目のセックスを終えた時は

いちゃいちゃモードで付き合うくらいの流れだったんだけどな。

 

性癖て!そんなアブノーマルなことしてないぞ俺は。

アナルを舐めたくらいやぞ。

 

というわけで、

処女を喪失したその日に何度もセックスを求めると嫌われる、

ということが分かりました。

 

いやはや勿体ない。

 

俺はこの経験が3回ほどありますw

 

おわり

 

 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ