ナンパで成果が出なかったので出会いカフェに行ってきましたw

酔いどれナンパ師クリリンです。

 

前回の記事であんなにカッコつけたこと言っておいて、

今日はナンパの成果がゼロでしたwwww

⇒ クリリンの心の叫びの記事を読む

 

そこで今回は、以前から気になっていた出会いカフェに行ってみました!

 

美尻_e

 

訪れたのは池袋の出会いカフェ『キ〇リ』

入店してから、

まずはスタッフにシステムの説明を受ける。

 

必要な料金は、

  • 入会金
  • 入場料
  • 退室料

の3つであり、全て2000円。

 

入会金は最初に店に入った時に必要で、

次回からは必要ないという。

 

入場料は一回払えば一日中、

出入りが自由とのこと。

 

これは、毎回必要なものですね。

 

更に、女の子と交渉し、

一緒に外に出ることになった場合に、

追加で退室料を払わなければいけません。

 

男の待機スペースと女の待機スペースは隣同士になっており、

二つの部屋はマジックミラーで仕切られている。

 

このマジックミラーは、

男部屋⇒女部屋は見えるが、女部屋⇒男部屋は見えない仕組み。

AVでよくあるヤツですねwww

 

これで、男が女を物色するという構図になる。

 

(下の写真みたいな感じ)

出会いカフェ_e

 

そして、気に入った女がいれば、

男はその子を指名し、別室に通される。

 

そこでマンツーマンのトークタイムが10分間与えられるのだ。

 

ツーショット_e

 

この間に男は連れ出しを打診することになる。

 

交渉が成立すれば男は店に退室料を支払い晴れて女と一緒に外に出られ、

交渉決裂ならば各々が待機部屋に戻るという流れ。

 

ちなみに、女は完全無料で登録、利用が可能となっている。

 

つまり、出会いカフェは店側が場を提供することで男から金を受け取れ、

出会い(というかSEX)を求める男が店と女に金を払い、

お小遣い稼ぎをしたい女が自身を商品として売って稼ぐ場であるといえよう。

 

このシステムを最初に考えた経営者は賢い。

 

女はお小遣い稼ぎ?

と疑問に思った人もいるだろう。

 

もちろん、単純に出会いを求める女もいないわけではないが、

事前にネットで調べたところによると、大抵の女は外へ出る条件として金を要求してくる。

 

例えば、

  • ご飯を一緒に食べに行くのに3,000円
  • カラオケを一緒に行くのに5,000円
  • フェラで10,000円
  • 本番で25,000円

といった感じ。

 

もちろん、飲食代、カラオケ代、ホテル代は男持ちとなる。

 

さて、説明はこんなところにして、

私クリリンはどうしたかという話に移りましょう!

 

とりあえず二人きりで話すことは無料なので、

色んな女を指名して話してみた。

 

すると案の定、

交渉で金を要求してくる女が、

大多数だった。

 

相場は大体、

先に述べた通りである。

 

金額に折り合いがつけば、

本番セックスまでOKな女が多いことには驚いた。

 

要するに出会いカフェ・出会い喫茶は

フリーランスキャバ嬢風俗嬢の巣窟であると言えるだろう。

 

話を戻す。

 

出会いカフェの実態を身をもって知り、

半ばヤケクソになっていた俺は7人目の女を指名した。

 

ムチムチしていて、

胸を強調したエロい服を着ている。

 

(—こいつはいくら要求してくるだろう?)

 

なんてことを心の中で考えていたら、

見事に予想を裏切られた。

 

初めて金を要求してこない女に当たったのだ。

 

条件はカラオケをおごること。

 

一緒にカラオケに行き、

彼女の話を掘り下げる。

 

スペックは以下の通り。

  • 大学3年生
  • 趣味はビジュアル系バンドの追っかけ
  • ガールズバーで働いている。

 

この日は無理をせず関係を築くことにした。

 

訳の分からないビジュアル系の歌にも、

ノリノリで合いの手を入れる俺wwww

 

最後に番号を交換して別れました。

 

ナンパ業界では、

ビジュアル系バンドが好きな女

通称バンギャは、

ヤレるってのは鉄板です!

 

是非ともゲットしたいものです。

 

酔いどれナンパ師クリリン

 

 

絶賛公開中⇒ VENGEANCE【復讐】

venb

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ