ナンパは『男の世界』

酔いどれナンパ師クリリンです。

 

今日はナンパ報告ではなく、

ナンパについての考察でも書こうかなと思います。

 

まあ、正直言えば成果がなかったからなんですがwww

 

ところで、皆さんはリンゴォ・ロードアゲインというキャラを知っていますか?

 

リンゴォ_e

 

ジョジョの奇妙な冒険の第7部に出てくるキャラなのですが、

このリンゴォの理念が非常にナンパに通じるものがあるので今回取り上げることにしました。

 

 

この彼にとっての美学(信念)というのが、

 

  • 公正なる果し合い(殺し合い)は自分を人間的に成長させる。

 

というもので、

リンゴォは自らを成長させるという理由だけの為にに好き好んで殺し合いに挑みます。

 

この考えを

『男の世界』

と言っているのです。

 

完全に頭のネジがブッ飛んでますねwww

 

このような考えをを一片の疑いもなく貫いており、

なおかつフェアで礼儀正しい点が彼のキャラを際立たせる理由でしょう。

 

詳しくは、ジョジョの奇妙な冒険7部「スティール・ボール・ラン」を読んでみてください。

 

で、この「男の世界」がなぜナンパと関係あるのでしょうか。

 

それは、

ナンパとは男としての全人間力をもってして裸一貫で女に立ち向かっていくもの

だからです。

 

ファッションや体型、コミュニケーション力といった等身大の自分を相手にさらけ出し、

完全に一対一で立ち向かっていきます。(ソロのナンパであれば)

 

そこに、他人の評価や印象の入り込む余地はありません。

 

この過程において男としての成長は間違いなくあります。

 

また、この日本という国では特に、

ナンパは頭がおかしいという価値観が少なからずあります。

 

その大多数の奴らから見れば異常な行動である

「ナンパ」

に対して真っ向から挑もうという確固たる意志こそが、

『男の世界』

だと俺は思うのです。

 

なんか熱く語ってしまいましたねwww

 

でも、このような確たる信念というのは、

モテるために大切な要素です。

 

女は周りの評価や視線を異様に気にする一方で、

ブレない信念を真っ直ぐに貫く男に惹かれる傾向が強いです。

(これは大学時代に人間観察をしていて強く思いました)

 

そう考えれば、

ヤンキーやヤクザといった反社会的な男に惹かれる女がいることも納得です。

 

彼らはいつも自分を貫きますからね。

 

ということで、俺はこれからも真摯にナンパに取り組み続けます。

 

男の世界の境地に至るその日まで…

 

酔いどれナンパ師クリリン

 

 

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ