ナンパ師クリリンの生い立ち【後編】

こんにちは!

 

ナンパ初心者のクリリンです。

 

今日は俺の生い立ちの後篇です。

 

長いし暗い強烈な自分語りを

ぜひ読んでみてくださいwww

 

こんなヤツでもナンパするのかー

ときっと思うはずです。

 

千冬_e


高校に行っても俺は相変わらず根暗でした。

 

かなりの進学校に進んだまではいいものの、

入学してすぐに成績は学内でビリレベル。

 

それによって自己嫌悪やコンプレックスが増大し、

更なる根暗へ突入していきました。

 

優秀な学校でビリになるくらいなら、

バカな高校のトップで自信満々のほうがよっぽどいいと思います。

 

あ、自虐風自慢すみませんwww

 

でも、20人斬りの友達いわく、

ナンパで自信は大事だそうです。

 

それが根拠の伴わないものであっても。

 

友人『だって、卑屈でコンプレックスの塊の根暗に女の子が付いていくはずないだろ?』

 

だとよ!へっ!わかっとるわそんなん!

 

で、話を戻すと、

成績が悪いことを開き直った俺は全然勉強もせず浪人が確定。

 

卒業後は予備校と家を往復するだけの、

オナニーと勉強だけの、

下らない日々を一年間過ごしました。

 

そして、浪人の後なんとか大学に合格。

 

念願だった大学デビューを目論みます。

 

サークルに入って可愛い女の子とウハウハしたり、

バイトでハーレムになることを妄想していましたwwwww

 

が、しかし。

 

が、しかしです。

 

生まれて19年間、母親以外の女とろくに会話をしたことがなく、

かつ、コミュ障で男の友達すら作れないヤツが、

大学サークルという熾烈な環境の中で、

自らをプロデュースしモテることができるだろうか?

 

いや、もてるはずありませんwww

 

しかも、華々しい大学デビューを企んでいた俺は、

チャラついたイベントサークルに入ったので、

地獄を見ることになりました。

 

コミュニケーション力が低かったためすぐに孤立して、

完全ないじられキャラになってしまったのです。

 

なまじ勉強ができたという理由から、

プライドが高かった俺は

いじられキャラを受け入れず、

更に孤立しました。

 

中学の頃もそのプライドのせいで、

ヒエラルキーの下層グループに入らず、

一人でいることを選びました。

 

すんげー居づらかったけど、

俺はいじられキャラで孤立した存在として、

そのサークルに4年間しがみつきました。

 

女と話すリハビリだと思って。

 

まあ、他に居場所ややることがなかったのもありますが。

 

そして、4年が過ぎ、

大学を卒業し就職します。

 

超絶底辺のブラック企業にwwwwww

 

青春時代の思い出が勉強だけで、

世間でいう一流大学を卒業したのに、

底辺のブラック企業しか内定もらえませんでしたwwww

 

笑うしかないですねwww

 

サービス残業ありがとうございます!w

 

そして話は戻りますが、

大学時代にハマったことが一つだけあります。

 

それが、風俗です。

 

これは完全に私欲によるものですが、

女と会話する訓練になりました。

 

土下座してヤラせてもらい童貞をすてたりもしましたw

 

計100万以上は使ったかな?

 

しかし、そのうち風俗にも飽きが来ました。

 

ヤツらは作業なんですよね。

 

なので、あんま興奮できないんです。

 

どうでもいいですが、

俺が一番興奮するシチュエーションは

 

イヤイヤ言いながらも実はめっちゃ感じて濡れまくっている

 

というものです。

(もちろんレイプとかは論外ですよw)

 

風俗ではそんなこと経験できるはずもありません。

 

なので、ナンパを始めました。

 

何よりこれまでの人生が惨めすぎて悔しかった。

 

イイ女を抱くためになりふり構ってなどいられません!

 

そして現在、

謳歌することが出来なかった青春時代を取り戻すべく、

街にナンパに繰り出しています。

 

クリリンの人生は今、

始まったのです!

 

 

絶賛公開中⇒ VENGEANCE【復讐】

venb

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ