100人斬りのナンパ師と合流!

こんにちは!

 

ナンパ師のクリリンです。

 

前回・前々回とようやく声掛けという壁を超え、

ナンパへ第一歩を踏み出しました!

 

しかし、まだ成果を出せていない俺は何かコツをつかむべく、

別のナンパ師と合流することを決める。

 

金髪と知り合った掲示板で合流できる人を探すこと約10分。

 

なんと、ナンパでSEXした人数が

100人

というハンパない猛者を発見!!

 

images (1)_e0

初心者でもアドバイスをしてくれるということなので、

早速、一緒にナンパしたいというメールを送信。

 

快く承諾してくれて、

場所は原宿でやることに。

 

渋谷以外でのナンパは初めてだったので、

期待と不安が入り混じる。

 

待ち合わせ当日、

集合場所に行ってみると、

そこには高身長イケメンの姿が。

 

(—-そりゃあ100人斬りもできるだろうなあ)

 

という感じ。

 

お互いに自己紹介した後、

雑談している時に、

原宿を選んだ理由を尋ねてみた。

 

すると高身長イケメン、

略して「高メン」いわく、

 

高メン 「原宿はナンパ慣れしてないコが多いから反応がいいんだよね~」

 

とのこと。

 

(—-まじか!場所によって反応違うのか!)

(—-どおりで渋谷で成功しないわけだわ)

 

と一人で納得してました。

 

ナンパの場所は表参道が良いらしく、

歩いて向かうことに。

 

この日は、

高メンがトップレベルの美女に行き、

俺は高メンの指名でまあまあかわいい子に行く、

という感じでした。

 

高メンはストライクゾーンがひじょ~に狭く、

女の子が通るたびに、

 

高メン 「あれ、行ってみなよ。」

 

と俺ばっかに指名www

 

一人目に行くときは心臓バクバクだったけど、

高メンが次々と指名するので徐々に慣れていきました。

 

俺 「こんにちは。ちょっと道を聞きたいのですが、、、」

 

と例のごとく道聞きから入る。

 

渋谷の時のような

圧倒的なムシ

はほとんどなく、

初めてナンパが楽しいと思えました!

 

確かに反応も良く、

優しく道を教えてくれる。

 

まあ、結論を言えば、

番号交換はできなかったんですけどね( ̄▽ ̄;)

 

大体の女の子が、

道聞きの後のナンパで、

 

女 「いや、そういうのはイイです。」

 

とか

 

女 「大丈夫ですー」

 

とか言って逃げてしまう。

 

一方、高メンはというと、

この日、二人と番ゲしていました。

 

どうしたら、成功するか相談すると、

 

高メン 「ある程度、数いって慣れてくれば上手くいくよ。」

 

ということらしい。

 

ん~そんなもんかねー

 

また、来週もナンパに出て報告します!

 

 

絶賛公開中⇒ VENGEANCE【復讐】

venb

関連記事:

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ